ブログ

ヨガの効果

ヨガとは?効果を得るために知りたいこと

ヨガをしたことはありますか?ヨガの効果とおすすめの理由をまとめてみました。

ヨガは一体、いつからあると思いますか?
実は4500年前に生まれたものです。

ヨガの発祥は、今から4500年前のインダス文明までさかのぼります。次世代への継承を繰り返し発展していき、ヨガの経典といわれる「ヨーガ・スートラ」が成立。ここに記されている内容はヨガの指針となっています。

日本ではヨガブームの到来、多様なスタイルのヨガが誕生し、現在のヨガ人口は100万人以上といわれ、その数は年々増え続けています。

全日本ヨガ協会 AJYAのHPより

 

そんな古いものなのに、なんでこの21世紀にもこんなに流行っているの!?

それは身体だけでなく心にも効くから。

常にストレスにさらされている現代。身体も鍛えながら、心の安定にも効果があるので、ヨガは人気が出ているのです。またライフイベントに関係なく継続ができる、つまり男女関係無く、子供から老人まで皆楽しめる点も大きな魅力とヨガの効果ですね。

 

なぜ現代人がヨガをするのか?

 

最近では、ビジネスマンやスポーツ選手もヨガを取り入れていることが有名です。

例えばサッカーの長友選手やイチロー、スティーブ・ジョブス、マドンナ、ブラッドピットまで著名人がヨガを日常的にしているとされています。

彼らは口々に「体幹が鍛えられて本業で怪我がしにくい、メンタルが鍛えられる、集中力が増す、雑念が減り選択力が高まる」とヨガの効果を説明しています。

ヨガの効果は「ヨガ的な生き方が自然にできる」点も挙げられます。

イライラしたり、周りに振り回されたり、心がザワザワするのは自分に集中できていない時。

ヨガをする事で、今の自分の身体、呼吸、心にフォーカスする練習に繋がるため「内観力」が付く。自然と「自分に正直な生き方」に繋がる効果もあります。

世界のビジネスマンやアスリート、著名人がこぞって取り組むヨガは、身体だけでなく心、生き方にも効くので現代人に受け入れられています。

 

ヨガを始めると良い人

ヨガはこんな人に効果があると言われています。

  • 運動不足な人
  • すぐにイライラする人
  • ストレスフルな人
  • 集中力が無く考えが散らばる人
  • 人間関係に疲れている人
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い人
  • 肩こり、腰痛持ちの人

 

ストレスが多く、仕事や家事育児に疲れている。
慢性的な肩こりで眠りが浅く運動不足なんて人はまさにぴったりです。

 

ヨガの効果が得られにくい人

 

逆にこんな人はヨガの効果が得られにくいです。

  • インストラクターが何かしてくれると思う人
  • すぐに効果が出ると思う人
  • 定期的にヨガが出来ない人
  • 友達が一緒にいないと出来ない人

 

特にインストラクターや友達に依存してしまう人は、ヨガの効果が得られにくいです。

ただし、ヨガを定期的にしていく事で気がつけば改善しているケースも多いので、まずは「体験レッスン」から始めてみるといいですね。

ヨガを始めて得られる効果

精神的な効果

✔️ストレスが減る

ヨガをやることで、自分の声に敏感になります。ヨガは自分と向き合うもの。他人と比べ流ものでは無いので、「人は人、自分は自分」考え方が変わってきます。

ストレスの多くを締める対人関係の悩みが減っていきます。

 

✔️集中力が増す

ポーズを安定して行うには、自分の内面の声「痛い、気持ちいい、辛い、心地良い」を感じていくことが大事。自分のフォーカスすることで集中力が増します。

肉体的な効果

✔️体感が鍛えられる

ヨガはポーズは保つために、インナーマッスルと体幹が重要なポイントです。

一つのポーズは5呼吸程度から行われて、決して短くは無い。バランスよく保とうと(例:ヴィラバトラアーサナⅡなど)、繰り返すだけで自然と体幹が鍛えられていきます。

 

✔️柔軟性が増す

ヨガは「体の声を聴きながら」ゆっくり身体を伸ばしていきます。これによって、心身ともにリラックスして柔軟性も身についてきます。

 

✔️予防医学

ヨガをして、定期的に血流を改善、インナーマッスルを鍛えることで、肩こり、腰痛、冷え性、不眠などが改善します。大きな病気を患う前の「未病」を予防します。

 

ヨガの効果を最大限にする注意事項

 

ヨガの効果を最大限にするための注意がいくつかあります。

  • 食事の前後にやらない
  • お酒を飲んでやらない
  • 痛みがあるときに無理をしない
  • ダイエットで過度な食事制限をしない

できれば食事の前後1時間を外して、飲酒はせず、身体がリラックスしている、そんな時にヨガをするのが最適です。

魅力だらけのヨガの効果!

さあ、あなたもヨガをしてみませんか!?

PAGE TOP